2022年度 夏合宿 <槍ヶ岳 西稜>

2022年度の夏合宿は新穂高を出発とする<槍ヶ岳西稜チーム>と<双六岳縦走チーム>の2チーム構成でした。
ここでは、<槍ヶ岳西稜チーム>について報告いたします。

メンバー:AK(L)、YK、OF、SR(記)の4名
西稜登攀パーティー:YK=SR、AK=OF

[予定]
8月10日(水):新穂高-槍平(小屋泊)※縦走チーム3名と一緒
8月11日(木):槍平-飛騨沢-槍ヶ岳(西綾登攀)、槍ヶ岳山荘(泊)
8月12日(金):槍ヶ岳山荘-中崎尾根-新穂高温泉(下山)

当初予定は上記の通りでしたが、3日目の12日が雨天のため中崎尾根ではなく往路の飛騨沢経由で下山となりました。
天候と休憩を含めた行動時間は以下の通りです。

8月10日[入山]曇り時々雨:6時間15分
8月11日[槍ヶ岳山荘]雨のちくもり:4時間55分
   [西稜登攀]晴:5時間(アプローチ1時間)
8月12日[下山・飛騨沢]雨のちくもり:7時間50分

今回の西稜(曾孫槍-孫槍-大槍)には、8月11日の晴れ間に取り付くことができました。
先行1パーティー、後続パーティーなしで、ほぼ待ち時間もなく岩も乾き360度の眺望も満喫できた大変素晴らしく楽しい登攀でした。
ホールド、スタンス共に豊富で、登る者によってルートを選べる楽しさがあり、クライミング初心者にも楽しめるコースでした。
ただ、取り付きへのアプローチは、一般登山道からルンゼを下るルートで、浮き石が多く今回の登攀で一番気を遣った所です。
合宿の3日間、事故も無く仲間と共に楽しく登れたことが一番の収穫でした。

新雪輝く槍ヶ岳

2014年3月21日〜23日

メンバー N、N、O

行程 3月21日 新穂高温泉~槍平

   3月22日 槍平~中崎尾根~西鎌尾根~槍ヶ岳~飛騨沢〜槍平

   3月23日 槍平~新穂高温泉

下の▶を押すとスライドショーが始まります。

2013年春合宿           北アルプス表銀座縦走 (燕岳から槍ヶ岳へ)

2013年5月3日~6日

メンバー A隊 O、Y、N、N

     B隊 K、K、O、O、N

行程 5月3日 (前夜発)中房温泉~燕岳~燕山荘(TS)

   5月4日 (TS)~大天井岳~表銀座~西岳(TS)

   5月5日 (TS)~水俣乗越~東鎌尾根~槍ヶ岳~槍沢BC(TS)

   5月6日 (TS)~横尾~徳沢~明神~上高地(下山)

下の▶を押すとスライドショーが始まります。